【裏技】壊れたファスナーを一瞬で直す、スゴ技7選を大公開!便利すぎると話題に!

壊れたファスナーを直す裏技!

ファスナーのトラブルは、急に起こります。動かなくなったり、閉じても開いたり・・・。ショックを受ける事故になります

修理に出すと、予想以上の金額を請われて諦めることもあるかもです。そんなファスナーのトラブルに、「LittleThings」というサイトの記事が対処しています。

ライターAngie Verikeの紹介です。その裏技とは・・・。効果の云々よりも、試してください。

壊れたファスナーの3パターン

壊れたファスナーを3パターン、ご紹介します。

1.連結しなくなって閉じたはずでも開いている

2.噛み合わせが悪くなって、上下にまったく、動かない

3.一部が破損してファスナーとして機能しない!

壊れたファスナー の対処法

壊れたファスナーの対処法をご紹介します。参考にしてください。

1.えんぴつで塗ってください

2.洗剤を塗布してください

3.ペンチでスライダー部を締めてみる

4.噛み合わせの悪さをペンチで調整する

5.止め具を外してスライダーを入れ直すこと

6.噛み合わせの悪い箇所を取り除いてください

7.壊れたつまみを「クリップ」で代用する

意外と知らない裏技も多かったのではないでしょうか。

ネットの反応

・これはスゴいわ~。ファスナーが壊れたら、その日は、全然ダメ!

・ファスナーが壊れた時に、慌てないのが一流のエンターテナー。

・留め具をよく見て、必要なら、ペンチを使えよ!

・鉛筆で滑りをよくする方法は、ポピュラーだよね

ファスナーが壊れた時には、その人物の奥底が分かります。何故ならば、この様な緊急事態にこそ奥底が表面化するからです!

引用元:https://m-plus.club/archives/2888,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント