母親は未熟児として生まれた息子の近くに「手袋」を置いて帰る。翌日にその意味を知り看護師は感動し涙する。。。。

2001年、ヤミール・ジャクソンさんは妊娠高血圧腎症を発症し、6か月で赤ちゃんを出産せざるを得なくなりました。ザカリーと名付けられた未熟児は集中治療室で入院し、母親は彼女の匂いがする手袋を作り、ザカリーのそばに置くことで安心させました。この方法は成功し、彼女は100種類の手袋を作り、多くの親や病院職員から注目されるようになりました。ザカリーは立派に成長し、ヤミールさんは自分の会社Nurtured by Designを設立し、ザッキーを製造販売しました。一緒に居られないことに悩む母親たちの不安を解消する方法が生まれ、子供たちはより安全で快適に育つことができました。

コメント

2024/2/22 2:36:09